応用

自動車部品

自動車部品

       目の前粉末冶金のプロセスにて製作した自動車部品は4百種類以上であり、一台では20キロほどの焼結部品が含みます。それにより世界中の粉末冶金の産能は70%以上の部品が自動車に提供させてます。自動車が使ってる部品は技術が高まる製品であり、低重量、低コスト、燃料摩耗及び排気を低下することができ、自動車工業の製品が環境保護としての一環となり、さらに産業の競争力を向上します。汎用部品はエンジン部品・伝動機構部品・変速機部品・連桿・車台部品・ブレーキパッド・サスペンション・ハンドル・パワーウィンドウ・シートベルト、ロックなどを製作し、近年関連部品が増えてます。さらに粉末冶金の製品は自動車産業が不可欠な部品となります。

歴史
    3問い合わせ